2019 12 30

 ​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

さて、本日をもちまして、

2019年のインフォメーションを終了いたします。

みなさん、今年1年間、誠にありがとうございました。

今年は、Yu-TRAVELERシリーズの発売、

そして、YUKO-AREAの発売と、

​色々な商品をリリースしてきました。

今までのクリアーウッドプラグは、スプーンビルのようなリッップの

ミディアムダイバーやディープダイバーが主力のモデルでしたが、

これらのダイビングタイプは、

飛距離が伸びない、根がかりが頻発する、リップが折れる

などのご意見が多かったため、これらの問題を克服するには、

トラベラーシリーズのような

「 シャローランニングのオフセットリップ 」という方法しかない、

​これが、わたし達が出した結論でした。

そのため、クリアーウッドの現在の主力商品は

トラベラーシリーズになっています。

これにより、クリアーウッドのイメージが変わってしまいましたが、

しかし、今現在のクリアーウッドのプラグは、

新しい素材や技術も導入し、

耐久性、飛距離などの性能が向上し、

きっと、お客様の方々に、ご満足いただけるものになっていると

信じております。

今後も、これら新しいクリアーウッドのプラグを

どんどん製作し、みなさんの釣りをより良いものにしていけるよう

​奮励努力してしていきたいと思います。

​おかげさまで、当工房は

今年も、無事に終えることができそうです。

これもひとえに、皆様の様々な応援があってこそと

心より御礼申し上げます。

 

今年一年間、誠にありがとうございました。

来たる2020年も、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019​ 12 26

ど~も、みなさん、お久しぶりッス。

酒とニジマス料理のために生きている

ビルダー代表です。

先日、発売しました管理釣り場用クランクベイト

「 YUKO-AREA 」は、

​みなさん、お買い上げになってくださいましたか?

このモデルは、うちの製作部長の相方が開発を担当しましたが、

細かい設定、製作は

もちろん私、ビルダー代表が手掛けております。

「 女性や子供でも使えるように」というコンセプトのため、

デザイン、性能などの提案は、相方の意見の基、行いましたが、

「 上級者でも納得の使い心地 」という事も重要だったため、

最終的な設計と製作は、アタクシ、ビルダー代表が

しっかりと行いました。

よって、ベテランのみなさんがお使いになっても

きっと、満足いただける仕上がりになったと思われます。

ワタクシが言うのもナンですが、

この私、クリアーウッドの代表が、

「 こりゃ面白い!」

と思うルアーになったと自負しております。

ぜひ、みなさん、この冬休みに、ご家族と一緒に

ご友人と一緒に、またはご本人が本気で

管理釣り場にチャレンジしてみてください。

で、アタクシ達も、先日、正月用のオレ様の酒の肴を調達に、

​相方に頑張ってもらって、

県内の管理釣り場に行ってきました。

前日に雪が降って、めっちゃ寒くて、このところお客さんが少ない、

なんて情報だったんスけど、本当にお客さんが少ない!

​しかも、この日も雲が多く、雪がチラついて、ま~寒い!

けど、風がそんなに強くなく、

それだけが救いだったかな?

で、オープンの朝7時から始めたんスけど、

なんだか、無反応っぽい・・・

魚の活性が低いものと予想したので、

シンキングを沈ませて、ゆ~っくりリトリーブしたんスけど、

アタリはナッシング!

ヤバイ・・今日は撃沈か?

な~んて思ってたら、相方が

「 もしかしたら、逆に活性が高いのかも?」

なんてホザきやがって、

フローティングにチェンジするじゃあ~りませんか。

なにバカなこと言ってんだ、このサルめ!

な~んて思ってたら、

水面をバジングするプラグの後を

たくさんの魚がチェイスするじゃん!!

「 ふ~ん、トップに反応するけど、トップまでには出ないようね。」

と言う相方は、魚は水面近くを泳いでいるものの、

水面を割って空中にまでは顔を出さない、

と判断したらしいんス。

こんなに寒いのに、水面近くを泳いでるの?

でも、水面には顔を出さない、だと?

そこで、相方は、フローティングタイプを、やや速めにリーリングし、

プラグが水面直下を泳ぐように調節し、

決して水面に波を立てないように、

水面直下10㎝くらいの深度を保つように

したのでアリマシタ。

 

​すると!!

本日、ファーストフィッシュをキャッチ。

ふ~ん、なかなかヤルじゃん。

しかも、この魚、ギンピカできれいじゃのォ~。

「 やっぱり、そうだわ。

今日のパターンは、活性は低くなくて、逆に高いのよ。

でも、トップには出ない微妙な水面直下を

トレースすることがキモなんだわ。」

と、本日のパターンを掴んだ相方は、ここから怒濤の

 

「 入れ喰いタイムスタート!」

うわ~、こりゃすごい!!

​相方が見つけたパターンが、大ハマリ!!

フラシに魚をキープしているワタクシの隣で、

​もうキャッチしてるじゃ~あ~りませんか!!

ヒットするほとんどが、緑、白、茶のカラーばかりで

活性が高いわりには、蛍光色にはあまり反応しないようでした。

これは、ワタクシが察するに、

魚のタナ、ヒットレンジが、水面直下10㎝くらいのラインで、

そのレンジをキープすることさえできれば、

​ヒットが集中する、という感じでした。

その証拠に、少し風が出て、ルアーやラインが見えなくなると、

このレンジをキープ出来なくなるので、その時には、ヒットが止まり、

風がなくなれば、レンジを操作できるので、

またヒットし出すのでした。

この日は、この「 レンジキープ 」が、重要なキモで、

これを保つには、フローティングタイプがベストであり、

シンキングでは、トレースレンジが深くなってしまうために、

ヒットは遠のき、やはり、フローティングを

やや速めてリーリングして調節させたほうが良かったようです。

なんだ、ただのサルだと思っていた相方、

​なかなかヤルじゃん!

こうして、アレヨアレヨという間に、

持ち帰り制限の10匹は、とっくに過ぎてしまい、

フラシの中には、10匹のニジマスで、ギューギュー詰めに!

あとは、ネットインした後に、丁寧にリリースして、

結果、朝7時から10時くらいまで、15匹をキャッチ!!

バラシを入れると、

「 40匹以上のヒット 」​

があったのでした。

す、すげぇぜ!!

いつも、持ち帰り制限の10匹は、遠い存在だったのに、

今日は、2~3時間で15匹キャッチしたぞ!!

製作部長の相方の読みが的中し、

まさに、​「 パターンフィッシング 」となり、

そのパターン通りのレンジキープを可能とした

​相方の大勝利だったのでアリマシた。

こうして、短時間で入れ食いを堪能した相方は、

1日券を購入したにもかかわらず、午前中で大満足し、

お昼を待たずして、もう帰ろうと言い出したので、

まぁ、これだけ釣れればいいかと思い、帰ることに。

帰りの車中、爆釣の余韻に浸り、

ぐったりと疲れた様子の相方なのでアリマシた。

​まぁ、アタクシも、こんなに入れ喰いを目の当たりにしたのは、

管理釣り場では初めて、ですね。

正月用の酒の肴を、たくさん仕入れることができて、

​アタクシも、満足、マンゾクで車を走らせることができたのでした。

みなさんも、この冬休み、ちょっと遠出でもして、​

こんなルンルン気分♪で車を走らせられればいいですね。

ちなみに、これらのニジマスを

​我が家の台所にドサドサと入れてみると・・・

やっぱり、魚屋さん状態になるのでした。

「 ヘイ!ラッシャイ!」

​そして、恒例の・・・

マスの頭の味噌汁が楽しみじゃワイ( 笑 )

ど~れ、正月用の酒を買ってくるかな!!

​( また太っちゃうな・・・)

2019 12 19

​ みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

早いもので、今年も、残り僅かなので、

みなさん、何かとお忙しいことと思います。

それもあってか、今週は釣果報告もございませんので、

先日の管理釣り場での戦利品でお料理を作ってみましたので、

ご紹介したいと思います。

この前、管理釣り場で釣れた、

この見たこともない魚は、一体何なのかと掲載したところ、

それを教えてくださった方がいまして、

その方がおっしゃるには、

これは、リバーサーモンという魚で、

某養魚場でしか養殖されていない魚種なのだそうです。

見た目は、とてもカッコ良く、確かに、釣れれば嬉しい魚種なのですが、

写真では、分かりづらいのですが、

食べる事も楽しみにしているわたし達には、

何とも言えない、この怪しい色彩のお魚の姿に、

えっ・・・これは・・・

と、一瞬ひるんでしまいました。

帰宅し、ドキドキしながら捌こうとすると、

いくら塩で揉んでも、魚体はヌメヌメで、

全く綺麗になる気配がなく・・

でも、管理釣り場で釣れた魚は、ありがたく食すのが

わたし達のポリシー?でもあるので、

​とりあえず、皮を剥ぎ三枚におろして、

とりあえず保存しておきました。

​それを、先日、数回に分けて食してみました。

この魚は、どんな味なのか分からなかったのですが、

見る限りでは、淡泊そうな身だったので、

きっと、油を使って調理し、濃い味付けならイケると思い、

​マスバーガーにしてみました。

やはり、油を感じられる調理法はフライかなと思い、

それにトンカツソースをたっぷりかけて、

レタスとチェダーチーズと一緒にパンに挟んでみました。

お魚の味は、やはり淡泊だったので、

このバーガーは、​大正解でした。

そして第二弾は、

ビルダー代表が、マスのカレーを食べたいと言うので、

マスの調理法をどうしようかと悩んだのですが・・

結局、先日同様、フライにしました。

​何しろ、淡泊な味なので、フライなら、間違いないでしょう。

カレーライスの上に、ドーンとのせて

​ボリュームを強調してみました。

​この豪快さには、ビルダー代表も満足そうでした。

切った断面をよく見ると、少しオレンジ色なのですが、

捌いた時は、確かに白色だった身が、

冷凍保存してる間に、薄いオレンジ色に変化したようなのです。

味も、バーガーの時より、しっかりしていたような気がします。

何とも不思議なことでした。

そして、残り僅かになったマスですが、

​最後に、お楽しみをとっておきました。

そうです。

間違いなく美味しいと思われる、

ギンギンピカピカのマスです。

二枚におろした時に、とても美味しそうだったので、

お酒によく合う、焼き物用に決定しました。

​という事で、第三弾は、これです。

塩コショウで下味を付けて、小麦粉をまぶして

たっぷりのバターで焼いて、バターソテーにしてみました。

ビルダー代表も、

「 このソテーを楽しみにしていたんだ。

これでチビチビ飲む酒は、最高なのだ。」

と、ご満悦の様子でした。

そして、少しだけ残っていたリバーサーモンは、

から揚げにし、フライドポテトも添えて、

フィッシュ&チップスにしたのですが・・

これは、ちょっと残念な結果になってしまいました。

いちばん脂が乗っていて美味しい魚と、

とても淡泊な魚という組み合わせは、

あまりにも旨味に差があり過ぎました。

とはいえ、これでマスのストックは最後なので、

しっかり味わって完食しました。

今回は、初めての魚種だったので、

美味しく食べることが出来るのか不安でしたが、

こうして、実際に料理してみると、

何でも、それなりに美味しくいただけるのだと、

自分で釣った魚を食べる喜びを

改めて感じられたのでした。

魚が、必ずいる場所で釣りができて、

釣った魚を、遠慮なく持ち帰ることが出来る

管理釣り場という場所は、わたしにとって、

とても嬉しい癒しの場所なのでした。

また、ビルダー代表の酒の肴を調達できるという

一石二鳥な場所でもあるので、

ビルダー代表は、その都度、たいへん満足し

「 オレにとっても、無くてはならない釣り場なのだ。」

​と、ホザきまくっているのでした。

2019 12 11

​ みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

今週は、久々の、

福島県在住、大物の神さんからのご投稿がございましたので、

ご紹介いたします。

昨今のトラウトフィッシングでは、

当工房でもお伝えしてきましたように、

従来のスピニングタックルからベイトタックルへと

主流が移行してきています。

それは、渓流が主とされてきましたが、

なんと、管理釣り場でも、その傾向があるようなのです。

やはり、昨今の国産のベイトリールが、

マイクロルアーでもキャストできる性能の良さが

そうさせているのだと思います。

大物の神さんも、ずっと長い間、

アメリカのペンリールを愛用されてきた事は有名ですが、

ここに来て、新しくベイトタックルへと

​チェンジし始めたようです。

このように、大物の神さんのお気に入りの 

u - 6Mをジャーキングさせて、

管理釣り場のビッグトラウトを釣られましたが、

そのタックルは、ご覧のように、

ベイトタックルでの釣りになっているのです。

大物の神さんがおっしゃるには、

「 自分も古くからルアーフィッシングをしてきたので、

軽いルアーをベイトリールでキャストする事に

抵抗があったけれど、なるほど、今のベイトリールは

本当によく作られていて、全く不便はない。」

という事なのです。

但し、トゥイッチングやジャーキングといった

ロッドアクションは、スピニングタックルの方が

やりやすいように感じるそうなので、

今までのペンリールとベイトリールと、

その時その場で、使い分けるようにしている、

とのことです。

u - 6Mは、リップの長いバルサシャッドなので、

あまり飛距離は伸びないプラグですが、

それでも、今のベイトリールで投げると、

しっかり飛ぶらしいのです。

こんなことを聞いたりすると、

本当にベイトリールを使ってみたくなりますね!

ビルダー代表も、

「 オレも本気で考えなきゃな 」

と、ベイトタックルを買うために

密かにお金をヘソクっているようです。

大物の神さん、ビッグトラウトをおめでとうございました!

寒い中、お疲れ様でした!

​ご投稿頂きありがとうございました!

2019 12 5

< お知らせ >

今の渓流オフシーズン中は、

ネタもあまり無いため、インフォメーションの更新を

週に一回程度にさせていただきます。

しかし、お客様からの釣果報告などがございましたら、

喜んで掲載させて頂きますので、

​遠慮なくご投稿ください。

また、当工房からのお知らせや、

情報、宣伝などがあった場合は、

​週一回に限らず、発信させて頂きます。

2019 12 4

 ​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

昨日の続きです

さて、YUKO-AREAをご使用くださった

福島の影のドン、田村のKさん。

この日は、福島県内でも評判の管理釣り場で

朝イチから釣りをしようと思い、早朝に到着したそうですが、

なんと、駐車場は既に満車に近かったのだそうです。

普段は、早朝にここまで混雑することは

あまり無いらしく、釣り開始時には、

釣り人が100人近く居たので、

今日はどうしたのだろう、と不思議に思ったそうです。

後で、その事情を知ったそうですが、

それというのは、先日の大雨の影響で

関東近郊の管理釣り場が、閉鎖されているため

この管理釣り場に、人が集中したという事だったそうです。

田村のKさんは、早速、YUKO-AREAを投げてみると、

とても気持ち良く飛んでいくので、その飛距離には満足した、

​と、おっしゃってくださいました。

フローティングとシンキングをお試しになったそうですが、

この日の気温は-4℃と、とても寒く、ガイドが凍るほどだったので

フローティングは厳しいと判断され、

​シンキングをチョイスしたそうです。

暫く投げていると、

なんと、50㎝を超える魚がヒットしたそうです。

レッドバンドがとても美しいニジマスですね!

さすが、田村のKさんですね!

田村のKさんは、YUKO-AREAを、

最初はゆっくり引いてみて、反応がなかったので

尻が振るくらいまで、早めに引っ張ってみたそうです。

するとまた、グッドサイズの魚がヒットしたそうです。

​田村のKさんは、

その時の状況に合わせ、攻略法を変えながら

最終的には、50㎝ を超える魚を

3匹釣られたそうです。

バラシも4匹くらいあったそうです。

田村のKさんがおっしゃるには、

プラグ系に掛かる魚は大きいし、

プラグを丸のみされるほどだったそうですが、

ただ、1色だけだったので、朝と夕方しか釣れず厳しかった、

もっと色があれば、たくさん釣れたかもしれない、

という事でした。

また、使い心地については、

池の真ん中まで届くほどの素晴らしい飛距離で、

投げていて気持ちがよかった、

プラグがよく泳ぐので、たいへん使いやすかった、

というご感想をいただきました。

田村のKさん、ありがとうございます。

また、エリアクランク初のご投稿を頂き、

本当にありがとうございました!

寒い中、お疲れ様でした。

2019 12 3

 ​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

12月に入り、年末も近づいて来ました。

なにかと忙しい時期ですが、

今月も、頑張って参りましょう。

さて、今日は、とても嬉しいことに

久しぶりに、ご投稿が届きました。

なんと、早速、エリアクランクでのご投稿です。

いつも、当工房に多大なご協力をしてくださっている、

​福島県在住、福島の影のドン、田村のKさんからです。

田村のKさんは、

実は、渓流や本流だけでなく、

管理釣り場も得意としているのです。

先日、発売を開始しました、

YUKO-AREAを、お買い上げになってくださり、

その使い心地やご感想などを​伺うことができました。

そして、なんと、実際に魚を釣ってくださったのです。

さすが、福島の影ドン、田村のKさんは、

とても頼りになりますね。

​明日は、その内容をお伝えいたします。

​野木商店 クリアーウッド ルアー製作事業部 福島県いわき市 TEL 090-9958-8051