2020 8 31

​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

毎日 猛暑のせいか、釣りに行かれている方が少ないようで、

釣果報告が全くありません( 汗 )

そうは言っても、こんな暑い時に、無理をして釣りに行くと、

熱中症になってしまう危険もあるので、

体調が優れない時は、エアコンの効いた涼しい所で

ルアーでも眺めてみましょう。

そういう遊び方ができるのも、

​ハンドメイドルアーの良い所です。

今まで何度か紹介してきた事もありますが、

わたし達は、ルアーを入れるボックスには

ちょっとした こだわりがあって、

適当に無造作に保管しておく事は あまりありません

このルアーケースは、三十年位前に

「 スピナーケース 」

として売られていた物なのですが、

​今でも、これが気に入っていて愛用しています。

こういったデザインのケースは

もしかしたら、今でも売っているのかもしれないですね。

でも、正直言うと、実際の釣り場では

ケースの中で、ルアーがガチャガチャと暴れてしまい、

使いづらいんです。

でも、家の中でルアーを眺めて楽しむ時には

かっこよくて、三十年もの間 使い続けてきたのです。

あとは、みなさんご存知のように

普通のプラスチックケースに、コルクマットを敷いています。

このように、半透明で中身の見えるタイプのルアーケースに

コルクマットを敷くと、何となく気分的に

「 おお!これぞトラウトルアーだ!」

と、感じるのです( ビルダー代表 談 )

何故なら、今でもトラウト用のルアーロッドや

フライロッドのグリップは、コルクグリップであり

30~40年前は、このコルクグリップのロッドを手に入れる事が

大人への第一歩だったのです。

当時、安物の竿はスポンジグリップが多かったそうです )

このような事から、

「 大人=コルク コルク=高級 高級=トラウト 」

というイメージが作り上げられ、

ビルダー代表は、今現在もコルクの魔力から

抜け出せないのです。

みなさんも、このような

こだわりのルアーケースはお持ちでしょうか。

さて、ルアーケースといえば、入れ物です。

先日、入れ物を連想した料理ということで、

肉詰め料理を作りました。

​ピーマンの肉詰めとシイタケの肉詰めです。

これには、ちょっとしたコツがあって、

焼いた時に、ピーマンやシイタケと肉だねが分離しないように、

ピーマン、シイタケに、肉だねを入れる部分に小麦粉をまぶします。

こうすると、小麦粉が糊の役目をして剥がれにくくなるのです。

せっかく詰めたのに、剥がれてしまったらガッカリなので

面倒でも 必ず この作業をするのが、

肉詰めのコツなのです。

ルアーケースに敷くコルクマットも、

マットが暴れないように、

裏に両面テープを貼り付ける方法がありますが、

ハンドメイドルアーを入れる場合は、

両面テープは使わない方がいいです。

両面テープの粘着剤が、ルアーのボディに付着すると

ベタベタが取れない事がありますので、

​注意した方がいいようです。

2020 8 27

​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

このところ、毎日のように厳しい暑さが続いていますね。

そんな中、みなさん、お仕事 お疲れ様です。

西日本では38℃を超えるような毎日で、とても大変だと

そちらの方のお客様からお話をお聞きしました。

そんな方々に比れば、ずいぶんマシなのかもしれませんが、

当工房でも、月に2~3日なのですが、温度管理のため

エアコンを使えない作業があります。

それは、樹脂を使用するため

温度管理が難しい目玉の製作と、

塗料の粒子が部屋中に舞ってしまう塗装の時です。

この2つの作業をする時は、

換気扇をつけ、窓を全開にするのでエアコンはつけられません。

この日は、ビルダー代表は塗装の作業をし、

​わたしは、目玉の製作です。

この、目玉の製作には特殊な樹脂を使用するので、

​とても神経を使い集中力も必要なのです。

作業をしていると、

あまりの暑さで汗が目に入ってしまい、集中できません。

​温度計を見ると、なんと・・・

室温が39℃でした。

これでは汗が流れてくるわけですね。

仕方がないので、おでこにハンカチを巻いて

目に入る汗を止めることにしました。​

これで暫く作業に専念しましたが、

集中力もあまり持たず、繊細な作業をするには限界かも。

体中から汗が流れてきて、これでは熱中症になってしまうので、

​ここで、ひと休みすることに。

ビルダー代表も、全身汗まみれで

防護マスクの中は、汗でびしょ濡れ状態に。

​熱中症になったら大変なので、二人で水分補給をしながら、

何とか、ノルマを達成させました。

普段は、温度管理という意味でも、

エアコンをつけて作業しているので、そんなに汗はかかないのですが、

月に たった2~3日ではありますが、

猛暑の中での繊細な作業は、心身ともに大変なのですね。

みなさんの中には、

これ以上に大変な思いをされている方々も多いと思います。

まだまだ猛暑が続くようですので、

熱中症には、十分お気をつけてくださいね。

2020 8 25

​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

今日は、福島の赤い彗星、NO・3さんから

釣果報告が届いていますのでご紹介いたします。

この日、NO・3さんは、

猛暑の中、熱中症対策も万全に、

地元の川での釣りを楽しまれたそうです。

​NO・3さんといえば、

前回のご報告も、尺ヤマメの釣果報告でしたが、

驚くことに、なんと今回も、

尺ヤマメを釣られたというのです!

これは見事な尺ヤマメですね!

やはり、尺ともなると迫力が違いますね!

しかも、薄い紅色に輝く この魚体は、

産卵を意識した個体のようですね。

このような紅色がかった魚は、とても魅力的に感じられ、

釣ってみたいと思う方々も多い、人気の色彩の魚でもありますね。

そんな、皆さんが憧れの魚を釣り上げた

NO・3さんは、今回のヒットについて

「 倒木の脇の、わずかな隙間に、u - MS 6S を入れた瞬間に

下からひったくるようにベリーフックにヒットしました。」

と、ヒットの瞬間も確認できたようです。

また、この u - MS 6S のパールヤマメは、

NO・3さんのお気に入りのルアーだそうで、

頻繁にお使いになってくださっているようで、

  「 着水して泳ぎだしから安定する MS ならではの釣果でした。」

と、u - MS シリーズの特徴をしっかりと把握した上での

NO・3さんの攻略術があってこその

尺ヤマメ2連続という、驚きの釣果を叩き出したのでしょう。

NO・3さん、おめでとうございました!

そして​その後も、数匹の魚をヒットさせたそうです。

これもグッドサイズのヤマメですね!

よく見ると、側線に沿って真っ直ぐに黒点が入っている

とても珍しい模様のヤマメのようですね!

今回も、尺ヤマメや

珍しい模様を持つグッドサイズのヤマメを釣り上げた

NO・3さんは、やはり、持ってる男なのですね!

NO・3さん、おめでとうございました!

​猛暑の中、本当にお疲れ様でした!

2020 8 21

​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

ここのところ、厳しい暑さが続いていますね。

みなさん、大変な中でのお仕事など、

​本当にお疲れ様です。

この猛暑の中では、エアコンなしでは

屋内に居ても熱中症になってしまうそうなので、

家でもクーラーを付けて、水分補給なども忘れず、

熱中症などにならないよう気をつけましょう。

もちろん、外出時や釣りに行く時なども

熱中症対策はしっかりとして、こまめに休憩や水分補給をし

安全第一で楽しんでくださいね。

特に、外でお仕事をされている方々などは、

本当に大変な思いをされていると思いますので

熱中症などには、十分お気を付けになってくださいね。

そんな方々に比べれば、わたし達は工房内での作業なので

ずいぶんマシなのだと思います。

温度管理という意味でも、ほとんどの場合はクーラーを付けていますし、

しかし、それでも暑さを感じたり、工房の外との温度差もあり

体力的にも厳しく疲労は溜まる一方です。

みなさんも、たぶん同じ思いをされていると思います。

​そんな時は、しっかりとスタミナをつけましょう!

我が家では、唐揚げといえば、酒とニンニク醤油で味付けをします。

疲れている時は、ニンニクをたっぷり入れて

スタミナをつけるようにしています。

​揚げたては最高ですね!

​そして、サッパリしたものが食べたい時は、

天ぷらそばもいいですね。

​聞くところによると、エビは、力が付くらしいのです。

なので、ここは奮発して

お頭付のエビを買ってきて、天ぷらにしました。

最近、お疲れぎみのビルダー代表も

少しは奮起してくれるといいのですが・・・

みなさんも、コロナ問題や猛暑などで、

心身ともに、本当にお疲れだと思います。

スタミナをつける意味でも、たまには奮発して、

お好きな物を飲食したりしてみましょう。

少しでも体力回復とストレス解消になるかもしれませんよ。

2020 8 19

​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

今日は、神奈川県在住、KAIさんから

初の、Yu- TRAVELER のジョイントタイプ95Jでの

釣果報告が届いていますのでご紹介いたします。

KAIさんは、このジョイントで

シーバスを狙う予定だったそうですが

ヒットして来たのは・・・!!

その時の状況や釣り方などを

細かくご報告してくださったので、

KAIさんのご報告文のままご紹介いたします。

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Yu-TRAVELER 95Jを持ち出して

シーバスを狙いに行ってきました。

​↑( KAIさんが実際にお使いになったルアーだそうです。)

あえて流れがきつくルアーが通しにくい場所を

選んで向かいました。

事前に昼間、根掛かりしないところレンジを確認。

動きが弱い、手元に動きが伝わらないって

使った方から聞いていたのですが、

この時使っていた、

9fシーバスロッドレギュラーテーパー、

シマノ3000番代スピニングでは

程よく手元に振動きました。

ルアー自体の動きは、

私が元々シーバスをやっていたからか、

弱い動きが全く気にならず、使いやすいぐらい。

で、本日のポイントに入り、

2投目、

『バキッ』と言う音と共に、

水面に竿のフロントが『ドボン』

印ろうの差し込み部のが折れました(T . T)

仕方なく事前に試したロッドから

いつもトラウトからバスまで釣っている、

アブ トラウティンマーキス6fL

を緊急登板。

硬さも全然違うから投げるのも、

背負ってからよっこいしょと投げる感じでしたし

飛距離も短くなってしまったのですが、

ルアーを引くには問題なし。

長く引くところをもっと細かく投げて対応しました。

流れが一番キツい場所から

たるみがある一級ポイントに差し掛かった時、

魚がJUMP、ボラの群れが(>_<)

仕方なく更に流れがキツく、

岩が点在する場所へ。

upで投げて流れに乗せつつ、

岩と岩の間をトレースする様に引いてくると、

『ゴン‼︎』とひったくるアタリが。

流れに乗ってライトな竿が弧を描き、

ゆっくり手前に寄せると激しいローリング!

ん⁇ローリング…

シーバスのポイントでがっちり食って来たのは

スリムな50台の鯰でした \(//∇//)\

そのあとも同じ場所を攻めましたが、

追加なく終了。

鯰が出た事で、動かないルアーとは言えないと感じました。

流れのあるところでは、グリグリ動くし。

流れの弱いところから強いところへ、

その逆もしかりですが、

緩急の差で使う事で真価を発揮するんじゃ?

まだまだ使いこんで見ないとな〜

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

​KAIさん、ありがとうございました。

今回、KAIさんからの

Yu - TRAVELER 95J ジョイントでの

初の釣果ご報告、また、使い心地などのご感想をいただき、

お客様がどのような使い方をし、どのようなご感想をお持ちなのか

たいへん参考になりました。

元々、トラベラーシリーズの13Fや11F、95Jなど

大きいサイズは、湖や本流のビッグトラウトを狙うための

遠征用ルアーとしての意味が強いモデルでした。

しかし、昨今のコロナ問題や自然災害などで、

遠征釣りも困難になってきています。

このため、これら大きいサイズのモデルを

身近な釣り場で使えないものか、と考えていたところ、

ちょうど良いタイミングで、

KAIさんから、ナマズのご投稿を頂きました。

 

みなさんも、ご近所の海や川、沼など

今まで出番のなかった遠征用ルアーを使ってみると

思わぬ魚種に出会えるかもしれませんよ。

KAIさん、ありがとうございました!

​本当にお疲れ様でした!

2020 8 17

​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

お盆休みも明け、

今日からまたお仕事という方々も多いと思います。

みなさん、お疲れ様です。

さて、今日は

神奈川県在住、エイトマンさんから

釣果報告が届いていますのでご紹介いたします。

エイトマンさんは、

この日、何故か水が恋しくなり、関東屈指の人気河川の

桂川へ出撃して来たそうです。

まだまだ雨の影響で本流の水位は高く、

釣りの出来る場所をチェックしながら移動したそうです。

朝8時頃になると陽射しも強くなり

刺す様な痛さを感じ、フェイスマスクとグローブで

日焼け防止をし、集中力を高めたそうです。

そして、ガンガン瀬の中をサイド~ダウンで攻めると、

一投目でヒットしたそうですが、

残念ながらキャッチには至らなかったそうです。

 

すかさず、二投目をキャスティングすると、

ドカァ~ン!!​​

​とても綺麗なアマゴがヒットし

見事、キャッチに成功したそうです!

これはとても美しいアマゴですね!

エイトマンさん、おめでとうございます!

サツキマスを思わせるような銀毛の強い魚体に

凛々しい顔つきの素晴らしいアマゴだと

ビルダー代表も感心しておりました。

ヒットルアーは、u - FEELINGS 6S ですね。

エイトマンさんは、

「 ダウンでも問題なく使える流石の相棒です。」

と、おっしゃっておりました。

この日のエイトマンさんは、

その後も、一投一匹という入れ食い状態で

沢山のヤマメやニジマスを釣られたそうです。

釣る事に一生懸命で写真を撮るのも忘れるほどだったそうです。

夢中になるほどの入れ食い状態とは・・羨ましい限りですね!

エイトマンさんは、

「 暑さも忘れるほど楽しい1日でした。」

と、大満足の釣行になったようです。

わたし達もそうなのですが、

この猛暑などで、なかなか腰が上がらないという方々も

エイトマンさんの「 入れ食い状態 」という言葉を聞くと

何だかワクワクして、釣りに行きたくなりませんか?

釣りに行く際は、熱中症対策などをしっかりとして、

​安全第一で、残りのシーズンを楽しんでくださいね!

エイトマンさん、沢山の釣果、おめでとうございました!

猛暑の中、本当にお疲れ様でした!

2020 8 10

​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

今週も、福島の赤い彗星、NO・3さんから、

尺ヤマメが釣れたというご報告が届いていますので

ご紹介いたします。

一口に尺ヤマメと簡単に言いますが、

実際は、渓流で尺というサイズの魚は

そんなに沢山釣れるものではありません。

その川の規模や放流状況などにもよりますが、

一般的には何年も渓流へ通い続けても

尺が出せない事も珍しくありません。

稀に、大きなヤマメが釣れてとても驚き、

そのサイズを測ってみると25cm位だったりします。

それだけ尺の壁は、とても分厚いものなのです。

そんな中、NO・3さんは、

今シーズン既に、何本もの尺ヤマメや尺イワナを

釣っているのですから、これがどれだけ凄いことなのか

​みなさんも、よくご存知だと思います。

今回の尺ヤマメも、

Yu-TRAVELER 55S 

パールヤマメにヒットしてきたそうです。

従来のクリアーウッドのダイビングタイプでは、

ボトムを擦ってしまったり、攻略できなかったような浅い部分を

トラベラーでは可能にして、

この尺ヤマメを出すことが出来たのだそうです。

やはり、尺を超えると迫力がありますね!

体高もあって素晴らしくカッコイイ魚体ですね!

おめでとうございます!

そして、もう一匹、尺には届かないものの、

​パーマークの美しいヤマメも釣れたのだそうです。

尺には届かなかったという事ですが、

​これも体高があって、ヒレの立派なヤマメですね!

おめでとうございます!

ところで、以前、お客様から

「 どうして、その方は尺を沢山釣る事ができるのですか?」

といったご質問がありました。

これは、一言で言いますと

「 尺が沢山いる川で釣りをしているから。」

が、いちばん大きな要因だと思います。

ですから、そんな川を見つけられるかどうかが

腕の見せどころとも言えると思います。

NO・3さんは、今までの経験などから、

そういった川を探し当てる鋭い観察力や尺を引き寄せる技も、

やはり「 持ってる男 」なのでしょう。

今の時代は昔と違って、

グーグルマップやカーナビなどで、

かなり詳しく調べることが出来ますので

みなさんも、この機会に自分だけのカーティスクリークを

見つけてみるのも面白いと思います。

NO・3さん、尺ヤマメの釣果、おめでとうございました!

​猛暑の中、本当にお疲れ様でした!

2020 8 6

みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

今日は、福島の赤い彗星、NO・3さんから

​釣果報告が届いていますのでご紹介いたします。

梅雨も明け、こちら福島でも夏本番となり

暑い日が続いていますが、

NO・3さんが 釣りに行かれた この日も

30℃を超える猛暑日で、暑さとの戦いでもあったそうですが、

水分補給をしっかりしながら、

地元の川での釣行を楽しまれたそうです。

これは、見事なイワナですね!

おめでとうございます!

今回、NO・3さんがお使いになったのは

Yu-TRAVELER 55S   パールヤマメです。

 

NO・3さんは、ほとんどの場合、

 u - MS 6SS をご愛用 されているそうですが、

最近は、Yu-TRAVELERをお使いになっているそうです。

NO・3さんのご感想は、

「 飛びすぎるくらいの飛距離とロッドアクションに

反応抜群なトラベラーは、大きめの河川でもバッチリですね。

​揺れながら沈むのも魅力的でした。」​

​だそうです。

また、NO・3さんがおっしゃるには、

このオールペイントのパールヤマメカラーは、

 遠く離れた場所でも視認性が良いので、

ハードトゥイッチングで表層を引いてくると

チェイス、バイトシーンなどを全て見ることができるので

 たまらなくお気に入りなのだそうです。

そして、シャローを暴れまくるトラベラーはバッチリ確認できたと

とても興奮しておりました。

また、

「 クリアーウッドの従来モデルとトラベラーを使い分けることで

更なる釣果につながると思います。

​トラベラーは使わないと分からない別の魅力がありますね。」

と、NO・3さんは、

従来モデルとは違う性能の Yu-TRAVELERにも

興味を示してくださったようです。

 

今回も、Yu-TRAVELER55S で、

見事な釣果を上げらた NO・3さんは

やっぱり、持ってる男なのですね! 

NO・3さん、素晴らしい釣果、おめでとうございました!

​暑い中、本当にお疲れ様でした!

2020 8 4

​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

今日は、福島の影のドン、田村のKさんからの

釣果報告をご紹介いたします。

今回は、衝撃的な新事実が発見されたかもしれない、

たいへん興味深い釣果報告です。

それというのは、

この日、田村のKさんは、本流上流を釣り歩き

​グッドサイズのヤマメを数匹釣って来られたそうです。

本流域に生息するヤマメは、

その規模や環境にもよりますが、メインベイトは虫系であり、

また、魚である場合は、アユやウグイ、ワカサギであると考えられます。

つまり、ヤマメの生態、性格から考えるに

ほとんどの場合、表層、中層を漂う虫や小魚を捕食しているのが

​一般的であると考えられていると思うのです。

ところが、今回 田村のKさんが釣られた

本流ヤマメの口から吐き出されたベイトは、

わたし達が聞いたこともないような

​驚きの生き物だったのです。

それは、ドジョウです。

ヤマメがドジョウを捕食していたという話は

今まで聞いたことがありません。

前述のように、どちらかというと、ボトムを意識する魚ではないため、

砂底に埋もれて生活しているドジョウを捕食するという話は

全く聞いたことがないのです。

また、ヤマメは、どちらかというと偏食する傾向が強く、

カゲロウといえばカゲロウだけ、ワカサギといえばワカサギだけ

などのように、それらを捕食している時は

他には目をくれない、というような性格でもあると思うのです。

イワナのように、口に入るものなら何でも食べる悪食

というイメージはあまり持たないような気がするのです。

この、ヤマメがドジョウを捕食したという事実を考えられる例としては、

もしかしたら、ドジョウが空気呼吸をするために

水面に上がってきた時、又は、土中に戻る時など

水中の上下運動に、ヤマメが反応したのかもしれません。

そう考えると、

沈下系ルアーの、リフト&フォールというテクニックは

ヤマメにとっても、とても有効な手段なのかもしれません。

いずれの場合にしても、

この事実は、今後、トラウトルアーフィッシングにおいて

何かのヒントを生み出す、たいへん重要なカギであると思うのです。

この、たいへん重要なカギを見つけることが出来たのも

田村のKさんのお手柄であると思うのです。

やはり、田村のKさんは、

何かの奇跡を起こしてくれる方ですね。

田村のKさん、グッドサイズの釣果、おめでとうございました!

また、貴重な情報をありがとうございました!

本当にお疲れ様でした!

2020 8 3

​みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

こちら福島県でも、長い梅雨が明け

ジメジメムシムシが解消され、

気持ちのいい晴天に恵まれています。

夏も真っ盛りという感じですが、

​早くも猛暑の予感が・・・

なので、今日も甚平を着てみました。

少しでも涼しさを味わえるといいのですが・・

これからは、熱中症対策などを徹底して

暑さに負けず頑張らねば!

ですね。

そしてこの時季は、大物が釣れる確率も高くなりますので、

夏の大物を狙ってみるのもいいかもしれませんね。

また、この時季は、

突然の豪雨などの自然災害も多くなるかもしれませんので、

釣りに行かれる際は、熱中症対策などをしっかりして

​安全第一で、釣りを楽しんでくださいね。

そして、何か釣れましたら、

是非、ご投稿を!お待ちしております!

もちろん、釣果に関係なく、景色などのお写真の釣行記も

​大歓迎ですので、どしどしご投稿してくださいね!

という事で、頑張って参りましょう!

今月も、よろしくお願いします!!​

​野木商店 クリアーウッド ルアー製作事業部 福島県いわき市 TEL 090-9958-8051